天皇家の尊厳は地に落ち、尊敬の念が湧かなくなった。

天皇家の尊厳を地に落としたのは、天皇陛下

ご自身が嘘を付いたからだ。嘘とは、病気で

体力が落ち天皇としての役目を果たせなくな

ったので、天皇を退位すると国民に約束した

が、今も、天皇としての役目を果たしている

ことだ。退位するのなら、今から、外出を控

え、宮中行事だけに専念すべきだ。

また、皇后陛下は、戦犯として死刑にされた

人達を戦犯呼ばわりしたからだ。天皇家の人

達は、連合軍が戦犯として裁いても、その人

たちを戦犯と呼んだり嫌ってはならない。な

ぜなら、戦犯たちも天皇陛下の部下だったか

らだ。部下を戦犯呼ばわりするのは人間の道

に反する行為だ。

そして、皇女、真子様の無分別は皇室の尊厳

を汚すには充分である、天皇家は血統の継続

で成り立っている、もし、血統に異変が人為

的に起こったら、天皇家の存在は無に帰す。

また、生活力の無い者を結婚相手にするよう

なことは許されないし、尊敬も出来ない、い

や、人によれば汚らわしいと思うだろう。

真子様がどうしても結婚したいのなら、明日

にでも皇籍を離れ、国民の税金に頼らない結

婚を行い、平民と生きるしかないだろう。以上。

人はただ自分の愛する人からだけ学ぶものだ - 元気に明るく楽しく

人はただ自分の愛する人からだけ学ぶものだ。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ドイツの詩人、政治家、法律家。

−−−−−−−−−−−−−−−キリトリ −−−−−−−−−−−−−−−−

私の生き方考え方「語録」 http://blog.goo.ne.jp/genkideluzo/e/dd326ab491d1945597a540ae2dedd619

影山 元気

イタリアで相次ぐ高架橋崩落 5年間で6度目、緊縮財政も影響? 道路投資、10年で3分の1に ( その他国際情勢 )

http://www.sankei.com/apr_news/images/v1/basic/logo_header_newsblk.png

閉じる

2018.8.15 22:14

イタリアで相次ぐ高架橋崩落 5年間で6度目、緊縮財政も影響? 道路投資、10年で3分の1に

http://www.sankei.com/images/news/180815/wor1808150044-n2.jpg  14日、イタリア北部ジェノバで崩落した高速道路の高架橋(ロイター)

 イタリアのジェノバで起きた高架橋事故では、強度計算のミスという構造上の欠陥が原因だという見方が強まっている。伊紙コリエレ・デラ・セラによると、国内の高架橋崩落事故は5年間で6度目。緊縮策で、インフラ予算が大幅に削減されたことも背景にある。

 14日、サルビーニ内相は「責任者に代償を支払わせる」と述べ、人災の可能性を視野に調査すべきだと主張。ジェノバ当局の元建築責任者は同日、「長年の振動によるセメント劣化が、十分に計算されていなかった」とラジオで発言した。

 この高架橋をめぐっては2016年、ジェノバ大学の工学教授が「補修を続けるより、建て直しをすべきだ」と地元メディアで主張。だが、再建計画は実現せず、高架橋は断続的に補修工事が続いていた。

 イタリアでは08年の金融危機後、道路への投資額が激減し、経済協力開発機構OECD)統計によると、10年は34億ユーロで06年の約3分の1にとどまった。近年は高架橋崩落が相次ぎ、昨年3月には中部アンコーナで走行中の車が下敷きになって2人が死亡。16年10月にはミラノ北郊で1人が死亡した。(パリ 三井美奈)